乃木坂イチの恋愛力!山下美月が恋愛マスター過ぎて好感度が上がった件

まさかの所で山下ちゃんの好感度アップ!

先日放送された「乃木坂工事中」の「恋愛模擬テスト」企画で、新人3期生・山下美月ちゃんがまさかの大活躍を果たし、我々に新たな一面を見せてくれました。

恋愛模擬テストの趣旨としては、意中の男性がいると仮定した場合、その人にどう対応するかで「異性間コミュニケーションのレベル」を測り、その人の恋愛力をテストしていくというものです。

 

アイドル界は恋愛タブー

しかし、女性アイドルにとって「恋愛の話題」というのはどこまで答えていいのか、さじ加減が難しいもの。
特に乃木坂なんて清純派で売ってて「ガチ恋勢」が多くいるため、乃木坂加入前の過去の恋愛さえ許せないという「夢見る乙女ファン」も数多くいます。
ここでは下手に恋愛経験豊富なことを連想させる回答は控えた方が良さそうです。

リアル世界では「モテる者の証」 大いに結構な事ですが、オタクに夢を見させるアイドル界ですから、チラとでも出さないのが懸命でしょう。

そりゃあ、「男?切らしたことないです〜」的な感じは知りたくないよね。
私だって玲香ちゃんが「恋愛経験豊富で過去に2股かけてました!」みたいな話は知りたくないですもん。絶対聞きたくないw
むしろここは「恋愛ですか…奥手なんです…」感があった方がオタク受けが良いに決まってる!

 

そんなアイドルとしての正しい答え方が大方予想できる中、今回の恋愛模擬テストにガチを賭け、敢えて恋愛強者として名乗りを上げてきたのが「山下美月」ちゃん!

 

f:id:peterpank:20171118212159j:plain

https://mdpr.jp/news/detail/1688702


まだ新人扱いの3期生で18歳の子がメンバーの誰よりも「恋愛経験豊富」を感じさせるなんて、よく思わない人も多いだろうに(ガチ恋勢とか、ガチ恋勢とか)

尊敬の念を送らざるを得ません!

わざわざ「恋愛強者」をアピールしない方が良きこのアイドル世界で、包み隠さないその精神!
その心意気に漢を感じたため、今回の恋愛模擬テストで私の中の山下ちゃんの株は爆上がりいたしました。
よくやった!(ガシッ)その勇姿讃えよう!


そんな山下ちゃんの勇姿を他の先輩の回答も交えて紹介していきましょう。
そして世の女子は小悪魔☆テクニックを山下ちゃんから一緒に学んでこうな!


では、恋愛模擬テストスタート!!

 

チャラいノリでさり気ないのはこの人

 

Q1気になる同僚に彼女がいるか確かめたい!
あなたはどうやって聞き出す?

 

学生の人は同じ学校の人に置き換えて考えてみて下さい。「相手に自分の好意を気づかれてはならない」がポイントです。いかにさりげなく聞き出すかが、勝負の分れ目となります。


山下ちゃんより6年人生の先輩、高山さんの回答はこちら。

f:id:peterpank:20171118205312p:image

出典:乃木坂工事中#130

A.「〇〇さん絶対モテますよね〜彼女何人いるんですか?」

 

高山さんの明るいキャラクターとマッチして、結構良い回答だと思いません?
高山さんが言ってるのが、なぜか容易に想像できる。てか実際使ってそう。
「井上小百合」さんのような大人しそうなイメージの子が言うとギャップで驚くけど、普段からノリのいい子だと違和感が一切ないと思います。
このチャラいノリなら怪しまれずに聞けるし、Good!

モテ男1「いやいや、1人だよ」

モテ男2「え?いやー彼女いないんだよね」

とか選択肢もそんなになさそうだしね。

早速今度から使わせて頂きますね!

 

アイドル的満点回答はやっぱりこの人

お次は「ガチ恋製造機」という恐ろしいキャッチコピーの持ち主、ガチ恋界のエース西野七瀬さん。
多くの男をガチ恋の奈落に突き落とす、西野さんの回答はこちら。

 f:id:peterpank:20171118230417p:image

出典:乃木坂工事中#130

 

A.直接は聞けないのでその人と仲の良さそうな人に聞く

ア、アイドルの答えとして100点満点〜!
なんとも控えめで可愛らしい回答でしょうか。男心をくすぐるポイントを心得ておるな!さすがガチ恋製造機!その名は伊達ではないようです。
そして極め付けはこの発言
西「自分からは中々聞けないと思う」

ハイ、奥ゆかしい!!!
これです、これ!この回答こそが男受けNO.1の座に君臨する西野七瀬らしい回答なのです。控えめなのがウケるんです!それを本能レベルでやっておられる。

 

〈心なしか「つまんねえ」顔に見える3期生w〉

f:id:peterpank:20171118205415p:image

出典:乃木坂工事中#130


「あのなぁ、〇〇さんって彼女いるんかなぁ?」
「え?いや、別に何となく聞いただけなんやけどなぁ」
って言ってる姿想像できる〜!!

別に嫌味で言ってる訳じゃないよ…!
純粋に西野さんの愛され力に感心してます。
七瀬ファン叩かないでね!

 

ちなみに恋愛の専門家「佐藤先生」からの採点は3点とかなり低い点数をつけられました。実際、周りの人に聞くってよく使う手だとは思うんですけど、やっぱり恋愛の専門家を名乗る人は積極的な姿勢を評価するようですね。
残念ながら異性間コミュニケーション現時点で最下位になってしまった西野さん、挽回を期待しましょう。

 

〈3点。でもオタク受けは満点〉

f:id:peterpank:20171118205606p:image

出典:乃木坂工事中#130

 

 

高校生の恋愛小悪魔

ガチ恋界のエース西野さんの次は今回の主役、3期生の山下美月ちゃん!
加入前に「付き合っていた彼氏と思われる人物」との写真が出回り、一時オタクをざわつかせた山下ちゃんの回答はこちら。

 

A.「彼女さんどんな人なんですか?」と彼女がいる前提で聞く

ストレートに「彼女いるんですか?」と聞くとグイグイ来てるなと思われてしまうので、自然なノリで「え?彼女さんどんな人なんですか?」とか「〇〇さん凄い優しいから彼女さん幸せなんだろうな〜」みたいな持ち上げるノリで言いつつ、儚さというか「幸せだろうな…」と羨ましさも醸し出す(表情コミコミ)
いないよって言われた場合は、
「〇〇さん素敵だから絶対いると思ったんですけど〜」とヨイショして返す。

以上、山下美月ちゃん本人からの解説。

 

f:id:peterpank:20171118205803p:image

出典:乃木坂工事中#130

 
どうですかこの説明しなくて良いところ(女のあざとい部分)まで全て説明し、自分の手の内を包み隠さず見せてくれる思い切りの良さ!普通隠しておきたい所なのに、めっちゃサービス精神良くないですか?!
そしてこの計算し尽くされた緻密な戦略!
小悪魔の名は貴方のためにある!

山下ちゃんの説明を聞きながら先輩も同期も「こいつは何を言ってるんだ…?」顔してましたからね。でも皆楽しそうに聞いてたなあ。ここまでぶっ飛んでると思わず笑っちゃうもんね。

 

〈先ほどとは打って変わって楽しそうな3期生w〉

f:id:peterpank:20171118205832p:image
出典:乃木坂工事中#130


でも、この回答めちゃくちゃレベル高いですよね。
さり気ないノリで怪しまれずに聞くことができ、かつ相手へのヨイショを忘れない細やかな気配り。こんな事可愛い女の子から言われたら、男は全員悪い気しないと思います。
メンバーからはヨイショが過剰すぎて「嘘くさい」と言われていましたが、そうは言っても大抵の人は簡単に引っかかりそう。
こんなパフェークフトにあざとい発想どこで身につけたのでしょうか。
これで「彼氏いたことありません☆」って言われても絶対信じないぞ。私の中で師匠になってますから。


こんな恋愛マスター山下ちゃんですが、純粋に可愛らしいところもあります。
先生からの点数が発表される時、「10点」を取れた自信が本人の中であったよう。
設楽さんが「10点満点中…」と言った時の「10点」の時点で、
「え?」と思わずフライングで喜びのリアクションをしてしまいます。

 

f:id:peterpank:20171118205856p:image

 出典:乃木坂工事中#130

食い気味でリアクションするほど本気ということ!

先生からの点数を気にしてる一生懸命さはとても可愛いらしいよね。(これも策略の1つだだったら末恐ろしい…)

 

なんだかイケてない人は… 

続いて恋愛模擬テスト第2問!
チャーラン

Q2.連絡先を交換したものの、彼からの連絡はナシ…
あなたからデートに誘うならどんなメールを送るか?


恋愛のイメージが湧きにくい生駒ちゃんの回答はこちら。
f:id:peterpank:20171118205908p:image

出典:乃木坂工事中#130

 

か、かわいい〜!!
何だろう、この素直に可愛いと思ってしまう回答は。
あざとさが感じられない、純朴感溢れる回答!生駒ちゃんフィルターが掛かってるからこんなに爽やかに可愛らしく感じるのでしょうか?
逆に西野さんは男ウケNO.1フィルターが掛かってたからあのように感じたのでしょうか?

でも、他のメンバーからも「かわいい〜」の声があちこちから上がってましたし、松村さんとか凄い笑顔で「かわいい〜」って言ってたから、どうやら私だけの感覚ではないようです。
設楽さんも「可愛いは可愛いよ」と認めてたしね。

 

しかし、「物は試しに」って言葉のチョイスに生駒ちゃん節を感じました。普通気になる人を誘うとき、そんな可愛くない言葉使いますかね?
私だったら絶対使わないww
なんかセールスっぽいし、おばちゃんとかが使いそうな言葉だな。
でも、ちょっとズレてる所が可愛いなあ(べた褒め)

生駒ちゃんからの解説もこれまた可愛いんですよ。
生「相手は脈がないじゃないですか。だからこれくらい安い物で釣らないと家を出ようという気にならない。10%オフだと絶対来ない」

 

ソンコトナイヨー /(1度使ってみたかった)

 

大切なのはパーセンテージじゃないでしょ!
会社の先輩に「奢ってあげるよ」と言われてご飯に連れてかれても何も嬉しくない。
「そんなことより一刻も早く帰りたい、その時間で乃木坂の動画見たい」と思ってしまう私からの意見ですが、その人に興味が無ければ50%オフだろが、全額奢りだろうが、大人は行かないものです。
大切な時間を無駄にしたくないし、何より疲れますから。

やはり要所要所で恋愛ポイントがズレてますね!
ここは山下美月師匠に弟子入りして恋愛のイロハを一から学び直した方がいいですね!
生駒ちゃんが「芸能界のイロハ」を教えてあげる代わりに、山下ちゃんからは「恋愛のイロハ」を学ぶというwin-winな関係を築くのをオススメしておきます。


そもそも「10%は嫌だけど50%オフなら行く」って思う人と付き合いたい?という疑問はある。

f:id:peterpank:20171118225208p:image

 

 

今どき女子NO.1な回答

個人的にこのメールはめっちゃ良い!と思ったのは、橋本さんからあざとい認定を受けた2期生の堀未央奈さん。

f:id:peterpank:20171118205949p:image

出典:乃木坂工事中#130

 

最後の「なんて。」にあざとさがチラ見えしちゃってるけど、「…」の使い方とか顔文字の使い方とか文章にリアル感ががあって、女の子らしくて可愛いですよね。
設楽さんからも「これ貰ったら凄い嬉しいと思うよ」と高評価でしたし、メンバーからも「リアルだよね」「貰ったら嬉しい」と評判は◎

いつも要所要所であざとさがチョロ見えしてたから、未央奈なら良い回答持ってきてくれると思ってました!
これからは山下ちゃんと未央奈を恋愛の師匠として慕って行く所存なので、2人は「恋愛相談showroom」を定期的に開催して下さい!

 

 

マニュアルのような完璧回答

最後は恋愛学園首席卒我らが山下ちゃんの回答はこちら。

f:id:peterpank:20171118210000p:image

〈白石さんも思わず拍手してしまう匠のモテ技〉

 

お、大人〜!
高校生が書いたと思えないませた文章。
高校生らしい青春の甘酸っぱさのようなものが微塵も感じられません。
しかもこの文章読んでる時、「行きませんか?」のタイミングで同意を求めるように首を横に傾けてましたからね。
山下ちゃんの目線はスタジオではなく、いつでもテレビの向こう側の視聴者=オタクにきちんと向かっていました。
できる女は抜かりないですな〜

仕事ってことを前提にして「お疲れ様会」って言葉によってはデートじゃないじゃないですか。だからYESって言いやすいんですよ。
食べ物はお肉じゃなくてもいい。事前に会話の流れで好きな食べ物を聞いておいて、お寿司とかだったらそちらに変えます。

以上、山下美月ちゃんからの解説。

またしても緻密な戦略!完璧。
もう言うことはありません!
ただただ勉強になります!

 

f:id:peterpank:20171118210029p:image 出典:乃木坂工事中#130

 

新しいタイプの正統派美少女

3期生を初めて見たとき、「この子は文句の付けようがない美少女!」と思ったのが山下ちゃんでした。顔面が正統派の美少女だから、生ちゃんのような清純派のキラキラ王道アイドルのイメージで自己プロデュースしていけばいいと思ってたんですけど、ブログ見るとなんかポエマーというかメンヘラっぽい感じがするし、恋愛企画では誰よりも恋愛達者な所を見せちゃうし、クセが凄い!
でも、可愛いだけじゃない魔性の魅力があるのは良いことだと思います。
今まで乃木坂に居なかったタイプの子だと思うので、山下ちゃんの個性を前面に出して3番目の風を吹かせていってほしいですね!

 

f:id:peterpank:20171118215334j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1644748

 


山本美月と名前似てて紛らわしいから、負けないようにガンバレ!(完)

 

乃木坂 東京ドーム公演ライブレポート(後半編)

前回に引き続き「東京ドームライブレポート」をお届けいたします。

前半はこちらから↓

 

www.nogizaka46peter.com

今回は後半ということで、アンダーパートが終わった「選抜パート」からになります。

 

 

「選抜も負けてない」から始まり、選抜メンバーの大変さを伝えるVTRは「この瞬間と輝きは彼女たちが磨き続けてきた6年間の証」というナレーションで締めくくられ選抜パートに突入します。

 

命は美しい

西野さんが1人バックステージに登場。

(ここで「またバックステージかい!」と心の中でツッコミが入ります)
バックステージはプロジェクションマッピングのような作りになっていて、西野さんの動きに合わせて地面の映像が変化する洒落乙な作りとなっておりました。

西野さんが四方の方角に向かって手を出すと次々とメンバーが登場するのは、メンバーーを召喚してる感じで面白かったです。

西野七瀬の守護神たちが次々と出てくるイメージw
ただ、「命は美しい」もこれまた緑のライトが強すぎてメンバーがよく見えませんでした!乃木坂の売りは「顔」だから!肝心の「顔」がライトの色に消されて見えづらいんじゃ〜!
あと、サイド側からオペラグラスを使って推しのダンスを拝もうと必死だったのに、曲間で特殊なバリア(視界を防ぐ透明なモヤ?)が張られる不思議な演出のおかけで一時全く何をしてるのか分からない時間がありました。多分正面から観てる人には分からなくて、サイド側の人にしか分からないのですが、あの演出は良くないっすね。
オタクは1秒でも見逃したくないのです。そこんところを宜しくお願いします。

 

逃げ水

与田桃の2人がセンターステージに登場。
サビ前に流れてくるドビュッシーの「月の光」部分が来ると、突如としてオタクが「ワアー、ワアー」と騒ぎだしたのですがあれは何だったのでしょうか。初めて「逃げ水」をライブで見たので、突如騒ぎ出すオタクについていけませんでした。多分一種のコールみたいなやつなんでしょうが、なんかダサかったw

 

インフルエンサー

流石の盛り上がり曲!

逃げ水も「一切コールなし!」の我が地蔵エリアでも、インフルエンサーは盛り上がってました!カッコイイ曲は踊ってるメンバーが楽しそうでいいですよね!でも、炎が近くて熱くないのかね。

日村さんも関係者席で観覧しながら「インフルエンサー」を爆踊りしていたようです。

f:id:peterpank:20171112203115j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

君の名は希望

生ちゃんのピアノ演奏、そして生歌披露でした。この曲に限らず、今回のライブは大半の曲を生歌でやってくれたのがとても良かったです。下手でも何でもいいんです。乃木坂の今の声が聞きたいから、生歌でやってくれるのは本当に有難いですね。
この時ばかりはさすがにコールもなく、観客も静かに聴き入ってました。
生ちゃんがピアノを演奏しているということで会場は一面黄色に染まりました。

f:id:peterpank:20171112203915j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

MC

生駒ちゃん、白石さん、未央奈、西野さん、生ちゃん、飛鳥のセンター経験者からのスピーチ(スピーチ全文はモデルプレスに掲載してます↓)

mdpr.jp


白石さんのスピーチの時は、いつ卒業の話をし出すのかと気が気ではなかった為、落ち着いて聞いてられませんでした。なので、何事もなく未央奈にスピーチが渡った時はホッと安心しました。
でも、よく考えたら白石さんが東京ドームの場を使って卒業宣言する訳はないんですよね。東京ドームは皆で目指してきた大事な場であり、乃木坂46皆の為のステージ。
そんな大事な場で「卒業します」と宣言してしまうと、「東京ドーム=白石麻衣卒業」でイメージがつき、ニュースでもそればかりが扱われてしまいます。

そんなことを白石さんは望まないだろうし、乃木坂を大切に思っているから「東京ドーム」の場を「自分の為のステージ」にはしないに決まってました!
まだまだ私は乃木坂の絆を甘く見ていたようです。反省反省。

 

未央奈のスピーチの時はとにかく前髪が割れていたのが気になりました。ダンスを頑張った証ではあるのですが、せっかくの晴れ舞台なのに、あの割れ具合は勿体ない。
「今、完璧に整っている私の前髪とチェンジしてあげたい」と思いながらスピーチ聞いてました。(だから内容はあまり入ってこなかった)

 

西野さんはスピーチの時に涙で言葉が詰まった時があったんですけど、その一瞬の詰まりを見逃さず「ガンバレー!」「七瀬ー!ウオォー」と叫んでるオタクが食い気味すぎて引きました。そんなに食い気味で言わなくても!人の話は最後まで落ち着いて聞かないとモテないぞ〜!
あと、ドームは音が反響するのでシーンと静まり返ってる中「ガンバレー!」をやると「ガンバレー!」が2秒遅れで返ってくるという、ドームの特長が悪い方向に働いた呪いのような仕組みは笑ってしまいました。早くその音を吸収してくれ!!
乃木坂名物「オタクによるガンバレー!」が聞けたので、今度は「オレの嫁」コールを聞かないと!(新たな使命)

 

生ちゃんのスピーチの時も「もしかして卒業宣言するのかな?」と白石さんの時同様にドキドキしながら聞いてましたが、
「皆さんともっと色んな景色が見たい」と前向きな言葉を生ちゃんの口から聞くことができました。まだまだ生ちゃんは乃木坂として活動するって信じていいよね?!

 

いつかできるから今日できる

メンバーの決意を聞いた後のこの曲はもう感動。聞いててジーンときました。生歌でしたが、Mステの時より全然上手です。乃木坂は別に歌下手じゃないですよ。下手って言ってる人たちに聞いてほしいよね、全く。
メンバーが凄く楽しそうにこの歌を歌ってる姿を見て、
「なんか自分も負けてられないなあ、この人たちの輝きに負けないくらい頑張らないと」いう気持ちになりました。
同い年くらいの女の子たちの頑張りって凄く勇気づけられます。

 

f:id:peterpank:20171112213305j:plain

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000025-tospoweb-ent

 

アンコール

おいでシャンプー

アンコールでは籠のような形をしたトロッコに乗ってメンバーが登場。
私の席側に来てくれたので、オペラグラスでメンバーを追っていたら突如視界が真っ白になり、メンバーが誰も見えないw
驚いてオペラグラスから目線を外すと、隣の方が推しタオルを懸命にアピールしすぎて、陣地を完全に無視し私の目の前にタオル広げてました。
気持ちは分かるが、自分の胸元でタオルは留めておこうな!
その後何度もやられたよ(七瀬推し)

おいシャンの曲間で中田さんから「皆さん喉の調子はいかがですか〜?大変恐縮ですがこの後のコールお願いします」とアナウンスがあり、「ナカダカナシカ」コールで会場が盛り上がりました。ナカダカナシカコール楽しい!

 

ガールズルール

この日1番の盛り上がりを見せたのが白石さんセンターのガールズルール。盛り上がりに欠けてた私の周辺もこの時ばかりは盛大に盛り上がり、隣の人もノリノリでコールしてました。
ガールズルールは曲自体も盛り上がるけど、何より白石さんがほんと盛り上げ上手なんですよね。美人で面白くて盛り上げ上手とかほんと何者〜!
5万人による
"海岸線を~♪" 「まいやん!」

"バスは進む~♪" 「まいやん!」

"空は高気圧~♪" 「超絶かわいいまいやん!」

はマジで迫力が凄いです。普通に感動しました。

コールの勢いをメンバーが凄く楽しんでいたのも良かったです!

 

乃木坂の詩

桜井さんがこの間雑誌のインタビューで「ライブで踊ってる時、客席が大きなスクリーンのように見えるけど、乃木坂の詩だけはファンと同じくペンライトを持って踊ってるから、一体感がある」と話していた乃木坂の詩。

東京ドームは桜井さんからどんな景色に見えていたのか、気になりながら乃木坂の詩を聞きました。


「乃木坂の詩」が終わった後、メンバーが一礼をすると「乃木坂46 アリガトウ」の文字が客席に浮かび上がるサプライズがあったのですが、
実は開演前、スクリーンに「サプライズにご協力下さい」とアナウンスが出ており、
座席に赤いシールが貼ってある人は「白いサイリウム」貼ってない人は「サイリウムを消す」と指示がありました。
そして乃木坂の詩が終わった後、メンバーからは見えない形で「サプライズをお願いします」とスクリーンに流れ、それに合わせて各自がサイリウムを消したり、点けたりして「乃木坂 46 アリガトウ」の文字ができたのです。

 


このサプライズを見て桜井さんが「東京ドームよりもっといい場所ありますよね?皆さんをもっと凄いところに連れて行きます」と宣言してくれたの、ほんとキャプテン感があって超かっこ良かったです!
「オレが甲子園に連れてってやるよ」みたいなノリ?キャプテンカッコいい〜!

 

他のメンバーも言ってましたが、乃木坂にとって東京ドームは目標ではないんですね。あくまで通過点。だから東京ドームで出来る有り難みを噛み締めて、「ありがとうございました」で終わらず、「もっと凄いところに行く!」と言えるのでしょう。
実際乃木坂の人気なら1・2年前でも東京ドームを埋めることはできたと思うんです。
でも、その時やってしまったら「東京ドーム凄い」がメンバーの中の1番の気持ちになってしまったかもしれません。
ここまで待ったからこそ名実共にNO.1のアイドルになり、「自分たちはまだ上へ行ける」という自信と人気が今の乃木坂にはあります。

だからこそ堂々と「通過点」と言い切ることができるのでしょう。

この先どんな景色を見せてくれるのか、私たちファンはまだ分からないけど、どんな姿でも乃木坂メンバーが楽しそうならそれだけで嬉しいです。

 

Wアンコール

きっかけ
最終日だから絶対やると読んでたWアンコール。場内の照明が点き、ちらほら帰る人(隣の2人組や前の人たち)も居たので、「もしやドームなのにやらないの?ひ、ひどい!」と心配になりましたが、幕が上がり「きっかけ」が流れました。
万理華・ひめたんが揃う最後のライブ。
万理華が目立つように万理華の背中を押して先に行くようメンバーが促すのですが、万理華は1人で歩くことよりメンバーと一緒に歩きたかったようで、仲良しの玲香ちゃんと手を繋いでメインステージからバックステージの方まで歩いていきました。
その時の何とも言えない2人の表情が、見ていて胸が締め付けられて、私はサイリウムも振らずただただ立ち尽くすしか出来ませんでした。
ひめたんはメンバーのアーチを潜り抜け、中3組の生ちゃん、ちーちゃんと肩を組みながらバックステージの方へ。
顔をぐしゃぐしゃにしながら泣く生ちゃんを見てひめたんが笑っていたの、2人の関係性が見えて、「仲間」って本当にいいなと思いました。

万理華・ひめたんはバックステージに辿り着くと2人で肩を組んで歌っていました。

その中に生駒ちゃんが入っていき、「皆も、皆も」と手招きしてメンバー皆が2人を取り囲む形で抱きつきます。
その後、万理華とひめたんがメインステージの方へ先に歩き出し、メンバーが2人を追いかけてメインステージの方へ後から向かいます。先に歩き出す万理華とひめたんの姿が、なんだかもう手が届かない人たちになってしまったようで、「卒業」を現していて、その姿で居なくなってしまうのを実感しました。

2人の門出にと「きっかけ」を選んだのはメンバーだったようです。
最後2人からの挨拶が終わり、本当に本当にこれが最後となった時、マイクを通さない地声で「ありがとうございました!」と言ってくれた声、遠くにいるスタンドの私までしっかり届いてました。

今回の東京ドームは万理華とひめたんが卒業するということもあり、「楽しい」だけでは見られなかったライブですが、最後の「きっかけ」は心にずっと残ると思います。
本当は誰にも欠けてほしくないけど、乃木坂から離れても2人の未来がときめくことを願ってます。
アイドルにこんな想いを抱くことになるなんて、想像もつかなかった〜。

でも、これもこれで悪くないですね。

 

 

ひとまず万理華とひめたん、長い間お疲れ様でした!

f:id:peterpank:20171112215346j:plain

http://blog.nogizaka46.com/marika.ito/

 

乃木坂 東京ドーム公演ライブレポート(前半編)

真夏の全国ツアー2017 FINAL! 東京ドーム公演2日目に参加してきました。
神宮以来4ヶ月ぶりの乃木坂ライブであり、前回に引き続き1人での参戦〜!
「1人・女・乃木坂ファンレベル初心者」の方の参考になれば程度のライブレポ をお届けします。

なぜか書いてるうちに長くなり過ぎてしまったので、前半と後半に分けました。今回は前半です。

完結且つ見やすいライブレポはモデルプレスが他の追随を許さない音速の速さで上げていたで、そちらをご覧下さいませ。↓

mdpr.jp


では、東京ドームライブレポスタート!

 

開演前

ライブ開始1時間前くらいに東京ドームへ到着。
東京ドーム周辺は人・人・人の大混雑っぷりを極めてました。神宮の時より遥かに人が多かったので、無券参戦組も沢山居たということでしょうね。JKからおじさんまであらゆる層でごった返していたのですが、制服を着たままのJKも多数いて、おばさんはなんだか心配してしまいました。「若い女の子が好きな人」が集まってるんだから気をつけなさいよ!

 


〈ドームの入場列までたどり着いた所で乃木坂ちゃんがお出迎え〉f:id:peterpank:20171112180239j:image

 

 

〈恥ずかしかったけど、とりあえず近くにいた飛鳥ちゃんをパシャリ〉f:id:peterpank:20171112180213j:image

 

 

〈なんとか我が推しの玲香ちゃんも撮れました(画質が最悪)〉

f:id:peterpank:20171112180220j:image

 


入場列に並んでからドーム内に入るまでは大体10分くらいで、手荷物検査(緩め)と金属探知機を終えると、きっちり1人1人身分確認がありました。この厳重な身分確認だと転売も難しそうな感じです。
そこに力とお金を使うならライブビューイングしてほしいけどね!

 

無事ドームに入場できた後は、気になるお手洗い事情をチェック。
やはり女子の割合が少ないだけあり、待ち時間0でトイレを利用できました。待たなくていいのマジでありがたかったです。これは女性が少ない特権ですね!男性アイドルとかのライブだと恐ろしいくらい並ばされて、ライブ開演してしまうからね。男子トイレ入ろうかと本当に悩むからね。

トイレを済ませているうちに開演30分くらい前に流れたさゆりんご軍団の映像に間に合いませんでした…。すごい損しました…。円盤化した時は絶対見せてくれよな。


なんと今回の影ナレは「生生星」の3人という私得な人選!
最初、生駒ちゃんの声をひめたんと勘違いしてしまうくらい、生駒ちゃんの声がいつもと違く感じたのは私だけだったのでしょうか。生ちゃんは生ちゃんだと一瞬で分かるいつもの澄んだ声でした。
生駒ちゃん→生ちゃんときたら、「次は絶対みなみちゃん!」と心の中で予想してたら当たったから嬉しかったよね。
(会場の9割はそう予想するカナ?)

そしてなぜか「もしかして私は演者側なのでは…?」と思うほどドキドキして開演を待っている自分がいました。「どんだけ楽しみにしてるんだよ!オタクって怖いな!」と我ながら驚いたよ。


そうこうしているうちに、警備員の格好をした人がバックステージに上がってきて、手拍子を煽りはじめます。
「なんか粋なことさせるなあ〜」くらいの気持ちで観ていたら警備員が踊り出し始め、次々と警備員の格好をした人たちがステージに上がってきました。
流石にここら辺で私も「あ、演出だわ」と気づき、その間も次々から次へと大量に警備員がステージに上がり踊り出し、しまいにはJKも大量投下されステージを占拠。なんか知らない人たちが乃木坂のライブを突如占拠してました。
途中からovertureがかかり、オタクたちの「ハイ!ハイ!」の掛け声の中、ステージで踊る警備員ダンサーたちが超絶楽しそうで羨ましかったです。
5万人の歓声受けて踊るなんて絶対楽しいに決まってますからね。

 


overtureで大勢が踊る中最後に乃木坂登場。

 

制服のマネキン

1日目のセトリを知っていたので、「やっぱり制服のマネキンからスタートか〜」と感動が薄くなってしまいました。やっぱりセトリは知らない方が楽しめますね。次回から気をつけよう。
でも、髪を上げて登場した生駒ちゃんが本当に綺麗で、今まで1番可愛いく見えるくらい整っていて圧巻されました。
隣の子も「え、生駒ちゃんやばくない?!」って言ってましたからね!

 

f:id:peterpank:20171112182632j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

世界で一番孤独なLOVER・夏のFree&Easy

あんまり記憶がないので割愛します!
あんまり覚えてない曲はこれから割愛します!

 

裸足でsummer

飛鳥ちゃんが曲前の煽りで「お前ら〜」と言っているところまでは聞こえたのですが、音響が悪すぎてその後がよく聞こえませんでした。なんか「神宮」っているように聞こえたので、「ここ東京ドームだよ?間違えてない?」と思ってたら、同じことを思っていた人をTwitterでチラホラ見かけたので、どうやら本当に「神宮」と言っていたようです。
但しその後の煽りで「お前らどうせ普段声小せえだろ」と悪態をついていた模様w
飛鳥ちゃんのキャラじゃなかったら許されないから、齋藤飛鳥さんは凄い。

 

MC

東京ドームは音響が2秒遅れるという話から、白石さんが腹話術を披露。その流れでなぜか高山さんも腹話術(できてない)を披露してました。
みさ先輩は「東京ドーム」ということで衛藤一族が大分から大移動してきたという話を。
またいつもはスタンドで観ているお母さんが「今日はアリーナで観たい!」と言い、アリーナ席に紛れ込んでいるとのことでした。
オタクの熱量を間近で感じることになったお母様はその後無事だったのでしょうか。

堀ちゃんは「いつもライブで変顔を披露しているけど、まだ東京ドームでは披露していないんです。なので、今日のライブ中に46回変顔を披露しますね!」とその場で公約を立てます。話題になりそうなことを入れ込んでくるの流石ですね。
そして「早速今一回目をやります!」と観客全員が見つめる中変顔を披露。
まあちょっと顔崩したくらいの変顔だったので、心が狭い私は「尺使ったのにその程度か!もっと凄いのを!」と厳しいジャッジを下してたんですけど、桜井キャプテンが「攻めたね〜」とフォローしてたの優しいよね。全の然で攻めてる変顔ではなかったと思います!
あと、改めて思ったのがやっぱりキャプテンは声の出し方やテンションの上げ方・まとめ方などMCがとても上手でした。最後は玲香ちゃんに任せれば上手くまとめてくれる感が半端なかったです。

 


デビュー当時の映像から最近の乃木坂の活躍を示す映像まで流れ、「あの日、この時を予感していた者はおそらくいない。ただ、すべてはこの曲から始まった。」のナレーションでVCRが締めくくられた後はデビュー曲「ぐるぐるカーテン」へ

 

ぐるぐるカーテン

過去を振り返る映像からのぐるぐるカーテンはたとえ古参ファンでなくてもグッとくるものがありました。
生生星のフロントやっぱり良き◎

 

3番目の風・思い出ファースト

2曲続けての3期生パート。
神宮の期別ライブに比べて堂々とした立ち姿で3期生の成長ぶりが存分に伝わってきました。若い子は成長スピードが早くていいなあ〜!
3期生の中ではイチオシの桃ちゃんが、ツインテールしてるのとっても可愛かったです。ただ、桃ちゃんの持ち味である鹿児島弁が聞けなかったのが残念でした。
いつか訛り全開の煽りを聞いてみたい。

 

他の星から

今日も今日とてお綺麗なキャプテンの姿を確認した後は、万理華のダンスをずっとオペラグラスで追っていました。これが最後になる万理華の踊りは1つ1つが丁寧で美しい。全力だけど、必死感が出ないところに上手さを感じる踊りでした。
最後横一列になる時、下の装置から風が出てる仕組みになっており、風に吹かれながら踊る万理華はとってもカッコ良かったです(泣)

 

でこぴん

お姉さんメンバーで「でこぴん」
この曲聞いた時、真っ先にヒムペキ兄さんの替え歌が思い浮かんで思わず笑いそうになりました。絶対笑うので聞いたことない方は「でこぴん ヒムペキ兄さん」で是非一度検索してみて下さい。
この曲はねえ、ドアップで映る白石さんが美人すぎて美人すぎて、なんかもうカメラに愛されすぎてましたね。白石麻衣最強すぎる。そんな白石さんは歌詞に沿っておでこをあげるんですけど、その姿が破壊力MAXで「ま、まいやん〜」って感じでした。
それとでこぴんの曲間で1人1人カメラにハートを書いてく演出があったんですけど、それが超良かった!イメージとしてはこんな感じ↓



 

個人が必ずカメラを占領できる時間があるのはファンにとっては有難いですし、何より乃木坂は全員ドアップに耐えられる集団だからどのメンバーも皆かわいいのよ!乃木坂の特長を生かしたナイス演出よ!

〈かわいいの集まり、それが乃木坂〉

f:id:peterpank:20171112183219j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

あらかじめ語られるロマンス

ありがとうあらロマ!大好きあらロマ!
この曲聴いてるとつい踊りたくなっちゃうんですよねえ〜思わずその場で一緒に踊ってしまいました(1人参戦)
ドームの天井を見上げると曲に合わせて星が散りばめられてました!かわいい演出でしたね。

 

ダンケシェーン

前回の神宮はいくちゃん欠席だった為、本家生田ダンケシェーンを初めて聞けました。
これもコール超楽しい曲で最高にテンション上がりましたね。
ダンケシェーン・ハウスでトロッコ移動があり、メンバーが近くの方まで来てくれたんですけど、ちょっと距離があって遠かったのが残念…
神宮の時がかなり近くまで来たので、それと比べるとどうしても遠くて(そして目が悪くて)、肉眼ではメンバーの判別ができませんでした!

 

ハウス!

私の周りはあまりコールが盛んではなかったので、コールが超盛り上がる「ハウス!」の
"ちょっと好き~♪" 「好き!」

"好き~♪" 「好き!」

"好きよ~♪" 「俺も!」

を両隣や前の方々はやってなかったんですね。周りがやってない中やるのってちょっと恥ずかしいじゃないですか。ほら日本人だし、シャイだし。
それでも、1人参戦・女性エリアで「好き!」「オレも!」と叫ばさせて頂きました。いい歳して恥ずかし〜!でも、これをやらずして帰れないよね…?

 

MC

生ちゃんと松村さんの「からあげ姉妹」による仕切り。

突如「無表情」を歌いだす松村さんに「セトリにないからって入れ込むの辞めてもらいます?」と年下の生ちゃんが突っ込んでるのが微笑ましかったですね。

「無表情」大好き芸人なのでいつか聞きたいものです。

今回のMC時間では、会場から見て右半分が「松村チーム」、左半分が「生田チーム」に分かれ、声出しを兼ねた盛り上がり対決?を行うことに。
右半分は生ちゃんカラーの黄色に染まり、左半分は松村さんカラーの赤色に染まり、会場が綺麗に半分の色に分かれたんですけど、オタクの適応能力の高さって半端ないですね。

瞬時に対応しなきゃいけないから、「お年寄りのファンの人は大変そう、ついていけるのかな?」と勝手に心配してしまいました。
肝心の中身を一部紹介すると、ファンとの「コール&レスポンス」をするというもので、松村さんチームの与田ちゃんだったら、与田ちゃんが「背は小さいけど、セクシーとよ」と自己紹介したら、それのレスポンスとして左半分のオタクが「うっふ〜ん」とセクシーに返すという、はちゃめちゃなものでした。
オタクに向かって「セクシーにうっふ〜ん」と言え。と無茶な要求を出す与田ちゃんはやべえ。誰も得しないレスポンスでしたw

 

アンダーパート

1人ずつ名前が呼ばれアンダーメンバーがバックステージに集まる演出。歴代アンダーメンバー(未央奈・みさ先輩など)の名前も呼ばれ、過去にアンダーだった人も大集合する豪華なメンツの中、1番最後に「伊藤万理華」の名前が呼ばれ会場が大盛り上がり。
そのまま万理華センターで「ここにいる理由」が披露されました。

 

f:id:peterpank:20171112183934j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

1つ言わせてもらうと、アンダーパート良かったんですけど!良かったんだけど、あまり良く見えませんでした(泣)
バックステージで踊られると、角度的にすっごい見づらくて肝心のダンスがよく見えないんです。
モニター眺めればいい話なんですが、距離的にはバックステージは近かったので、「折角近いからモニター見るのも勿体無いし」という心理が働き、中途半端になってしまったのが心残りや…。
ひめたんセンターの「君は僕と会わない方がよかったのかな」はひめたんカラーのピンクで会場が染まり、一面ピンクオーシャン(ソシ風)の景色に感動しました。
ひめたんもブログで喜んでくれたので良かったです!

 

f:id:peterpank:20171112183721j:plain

https://mdpr.jp/music/detail/1726335

 

生まれたままで

「生まれたままで」は個人的にとても好きな曲なので、普通だったらこの曲をライブでやってくれて喜ぶべきなのに、素直に喜べない自分がいました。

万理華が「乃木坂が好きですか〜?私は大好きだー!」って笑顔で言ったのを観て辛くなりましたし、なんとも言えない寂しさがあるよね…。

 その後は現在のアンダーメンバーに戻り、「アンダー」を披露。

 

アンダー

「バナナムーン」のラジオで設楽さんが「秋元先生もえぐいことすると思った」と評した賛否両論を産むアンダー。
気迫溢れるダンス・表情でメンバーも一段と入れ込んでいるのが伝わってきました。

「アンダー」というある意味問題作を自分のものにしているメンバーたちはかっこ良かったです。

そして、ひめたんときいちゃんのWセンターが見れるのは今回が最初で最後でしたが、最後に2人のWセンターが見れて良かったです。

最近は体調を崩していたきいちゃんの元気そうな姿も見れて少し安心しました。

 

 

 

こんな所で「東京ドーム公演ライブレポート前半編」は終わりです!

後半編は「選抜パート」の「命は美しい」から始まりますので、こちらも良かったらチェックお願いします!(完)

 

 

乃木坂文庫が企画としてイマイチすぎたので、オタク目線で改善策を提案させて頂いたの巻

創刊46周年を迎えた講談社文庫が「46」という数字の縁から、「乃木坂46」と「乃木坂文庫」なるコラボフェアを現在開催しているようです。


40周年でもなければ45周年でもない。普通は絶対に祝わないだろう「46周年」をあえて打ち出してくるところに、「お金になりそうなら積極的に記念していく」という講談社の姿勢が伺えます。出版業界から引っ張りだこの乃木坂とのコラボは手堅く押さえておきたいもの。

そんな講談社と乃木坂の繋がりと言えば、今世紀最大のヒットと言われている白石麻衣さんのソロ写真集「パスポート」があります。

 

 

こちらは現時点で24万部を突破、他を圧倒する売上を誇っており、写真集界に一大旋風を巻き起こしました。これは講談社的としても「でかい一山」を当てたのではないでしょうか。

「乃木坂が絡むと金が生まれる」を実感した講談社が、新しい鉱山発掘のため「たまたま講談社文庫も46周年だった」のを上手くコラボに繋げていったと邪推できる今回の「乃木坂文庫フェア」ですが、
「乃木坂メンバー1人1人を46作品のカバーに一人ずつ飾らせる」という企画は斬新でめちゃくちゃ良いと思いました。ありそうでまだやってないからオタクの食い付きもいいし、何より46人もかわいい子が並んだ乃木坂文庫本コーナーのインパクトはとてつもなくデカイ!

 

 

本屋に入ったら嫌でも人目を惹く作りですから、一般の人に「乃木坂46」の存在を刷り込むには良い広告塔になると思いました。(嫌な言い方)

 

このように企画の発想自体はとても素晴らしい「乃木坂文庫フェア」ですが、いざ中身を見てみるとなんだかあと一つ足りない、惜しい感が否めません。乃木坂文庫フェアを調べているうちに「求めてるのはこれじゃないんだな!」と熱きオタク魂が騒ぎ出したので、ここはひとつオタク目線で「乃木坂文庫フェア」の改善点を挙げさせていただきましょう。

 

①表紙を飾る文庫本はメンバーが自分で選ぶ

まず驚いたのが、各メンバーが表紙を担当している文庫本は本人が選んだものではないということ。本人の推薦本ではないのです。
つまりその本に対する思い入れはゼロなのです。
それって、ただ表紙飾ってるだけでは…?

ダ・ヴィンチ2017年10月号は乃木坂メンバー各々が本(マンガ)を手にしてる表紙でしたが、それぞれが手に取っている本は、メンバー本人が自分で選んだ本。

 

 

それだけではなく、本誌ではその本の魅力もメンバーが語ってくれており、セレクトした本を通じてどんな系統の本が好きなのかが分かるようになってました。
ちなみに我が推しの桜井玲香さんは蒼井ブルーさんの「僕の隣で勝手に幸せになってください」をチョイス。
Twitter界で人気がある人物のツイートを集めた本を選んだのが、今どきでなんだか凄く意外でしたけど、「玲香ちゃんって自己啓発的な本好きなんだなあ」と新たな一面も少し知れました。

 

このようにメンバーが選んだ本なら、その文庫本がどんな本なのか俄然興味も出ますが、そうでないならただの文庫本であり、そこに乃木坂の意味はないのです。

 

②推薦文を載せる

まあ、そうは言っても今回の企画はあくまで文庫本の売上を上げることが目的でしょうから、講談社側だって売り出したい本があるでしょう。
それに乃木坂メンバーの好きな本が講談社から発行されていないという問題も想定できます。ダ・ヴィンチのように好きな本を選ばせるのは現実問題として難しいかもしれません。なので、百歩譲って「メンバーが選んだ本」から「用意された本」に有り難みが急降下したとしても、私のような察しの良いオタクは「まあまあ、それは仕方ないよね」と広い心で受け止めましょう。

しかし!だとしてもね!
せめてメンバーからの推薦文を載せるべきじゃあないでしょうか!

「自分の担当した本を読んでどう思ったか、このシーンが良かった」などの本の感想や、「こんな人に読んで欲しい・こんな状況の人にオススメです」のようなメンバーからの紹介文。
このようなメンバーからのコメントを「乃木坂文庫フェア」特設サイトがせっかくあるのだから、サイトに掲載するべきなんですよ。

メンバーからのコメントを見て「この本を読んで〇〇ちゃんはこんな事思ったんだ!自分も同じ想いを共有したいな〜(デュフフ)」
とか「読んだ感想を握手会で言ってみよう、〇〇はなんて言うかな?」とかオタク心に火がつくのです。

それがホームページを見ても「どのメンバーがどの文庫本を担当するかはお楽しみに!」しか載ってなかったら、全然燃えねえ!
オタクの購買意欲も絶望的な弱火のまま!

 

どのメンバーがどの文庫本の表紙を飾るかはお楽しみに?!

そんな情報は今時ネットで調べれば一瞬で分かってしまいます。そもそも買って欲しいならどの本を扱ってるかくらい載せるべきで、そこを隠す意味が全然分かりません。
仮に本屋まで行き、推しメンがどの本を担当したか分かったとしても果たして表紙を飾っているというだけで買おうと思うのでしょうか。

できれば、こちら側としてはコラボと銘打つのなら巻末にメンバーからの寄稿を載せて欲しいくらいなのです。そのレベルを我々は求めているのです。推しメンの読書感想文的なのが載ってたら間違いなく買いますもん。
それが難しいならせめてサイトに推薦文を載せるくらいはするべきなんだよなあ。

 

 〈特に有益な情報が得られないサイトはこちらから↓〉

kodanshabunko.com

 

③オタクはストーリーを愛している

なぜ、ここまで「メンバーが選んだ!」や「メンバーからのコメント!」が大事だと思うのか。
それはこちら↓の記事でも書きましたが、
乃木坂46のようなアイドルのファンはストーリーを大切にしていると思うからです。

www.nogizaka46peter.com

 

自分の好きなメンバーが「こんな思いを持って選んだ」というストーリー。
この本に「こんな感想を持っている」というストーリー。
そういうストーリーを求めてるのに、思い入れもなければメンバーからのコメントすらもなかったら、それは只々の「よく知らない本」です。

発売当初、インフルエンザwwww
と野次られた「インフルエンサー」の歌詞に「ファン心理」をよく表した詞があります。
こちらを参考にすれば今回の企画はもう少しマシになったはず。

 

その他の誰かなんて
全然 興味ないけど(なぜだか)
君が何を考えてるか
知りたくてしょうがない(振り回されてる)

ミュージックやファッションとか
映画や小説とか(何でも)
お気に入りのもの 手にすれば
時間を共有できるんだ

 

こんな堂々とやすすが「オタクが求めてるもの」を的確に書いてくれてるじゃないか!
講談社やり直してこい!

 

④乃木坂は今や「金の成る木」であり、「インフルエンサー」である

今をときめく乃木坂だからそれでも「乃木坂文庫フェア」は注目されますが、どうせやるならもう少しやり方があったよなと思わずにいられません。

「白石麻衣の写真集売れたな〜また乃木坂とタグ組んだら儲かりそうだな」
「そういえば講談社文庫、今年で46年目ですよね」
「それ使えそうだな。"46"とかけて、文庫本で乃木坂とコラボしよう」
「でも秋の文庫フェアまで色々準備する時間がありませんね。とりあえず表紙だけ乃木坂飾らせておけばいいですかね?」

的な見切り発車で始まった感がなんとなく想像できてしまう!少なくとも本気の仕事じゃない!

 


出版業界は電子媒体の発展などにより不況で苦しい状況が長く続いています。出版業界は斜陽産業なのです。

そんな出版業界において「文庫本を読まない若い世代」「インフルエンサーである乃木坂」を起用するというのは、新たな力を取り込む貴重な機会だったのではないかと思うのです。これが文庫本に興味を持つきっかけになるかもしれない。
だからこそ、もう少し身を入れて「文庫本に触れない層」が興味を持って買いたくなるような企画に出来なかったのかなあと思わずにいられません。

 

表紙ひとつ取っても、もっと本の中身と関係があり、表紙を見ただけで惹かれるような写真が撮れたはずです。

 

 

本の中身がバラバラなのに、表紙だけは全員一緒の写り方は創造力がまるで掻き立てられず、妄想が大好きなオタクとしては楽しめません。

 表紙買いしか魅力がないんだったら写真はせめて凝って欲しいよね…

 

散々言いたいことを言ってしまいましたが、それはこの「乃木坂文庫」がそれほど面白くできる余地があったということ。
今回のみで終わらずまた次回もコラボがあることを期待して、進化した「乃木坂文庫」をファン一同お待ちしております。

 

 

 

まあ、なんだかんだ言って玲香ちゃん表紙の 「ヘヴン」は買うんですけどね。
これだからオタクは舐められる!(完)

東京ドーム公演の持ち物必須に加えるべき!乃木坂新聞をおススメするの巻

このボリュームでこのお値段!(テレビショッピング風)


10月27日から順次、乃木坂初の「乃木坂新聞」が発売されましたね。私は発売日に早速帰りがけのセブンイレブンでゲットしてきました。

 

 


別に見られて困るものじゃない。
しかし、なんとなく見られたくない。
それが一般社会で生きる女子の中の「乃木坂新聞」の立ち位置です。


万一会社の人に見られると気まずいため、会社の近くで買うつもりはなかったのですが、残業のし過ぎで精神が疲れ果ててしまい、心が早急に癒しを求めていた為、会社を出ていの一番に近くのセブンへ。

 

乃木坂新聞の正しい買い方

「乃木坂新聞」だけ買うと、「凄い気合いの入ったオタクだな」と店員さんに見られそうだと思ったので、「いや、コンビニ寄ったついでですよ」感を出すために一緒に羊羹を買いました。(70円だから)
でも、レジに出してから気づいたんですけど、羊羹って小さすぎて存在感が全然ないんですよね。あれ手の平1/5サイズなんです。
結果、乃木坂新聞だけが異常に目立ってしまい「気合いの入ったオタク感」が一切抜けなかったので、羊羹(70円)をチョイスした自分の浅はかさに後悔しました。
これから買う方は「やたらでかいポテトチップス」とか「2Lのペットボトル」とかと一緒に買うことをお勧めしておきますね!

 


前置きはさておき、各所で話題となっている「乃木坂新聞」は今年NO.1の買い物件と言える、中々読み応えのある新聞でした。
私は全て読むのに1時間45分かかりました。隅から隅までしっかり熟読しました。
凄い満足度!これで320円(ペットボトル2本分)なので、中学生でも迷わず買える所がいいですよねえ。

 


そんな乃木坂新聞のラインナップは以下の通り。

  1. 白石、西野、生駒、桜井インタビュー
  2. 生駒新聞作りを手伝う
  3. 新内&衛藤インタビュー
  4. 堀、渡辺、寺田トーク
  5. 大園&与田ドームシティ満喫
  6. 3軍団最強決定バトル
  7. 乃木坂の歩みなどなど
  8. ファッション誌がなぜ乃木坂を選ぶのか
  9. 乃木中のPとイジリー岡田にインタビュー
  10. 生田インタビュー
  11. 飛鳥インタビュー

 

個人的な見所

どの企画も面白かったのですが、個人的にいいなあと思ったのは、
①のインタビュー!
白石さん・西野さん・生駒さんで「お互いに感謝を伝えよう」という流れになるのですが、そこで互いに照れながらもべた褒めしあうのがグッときました。
6年間一緒にいるのにまだ「かわいい」と褒めあえってるし、なんなら未だに「顔が整いすぎて見飽きない」そう。
互いに誉め殺しして、照れるとかなんだしかわいすぎか。いやもう本当このインタビュー見て「今の状態がずっと続けばいいのに」と思いました。もう、皆ずっと乃木坂でいてください…。

ちなみに我らが桜井さんは表紙こそ写ってるもののインタビューに全然出てこないので、「存在忘れられてる…?」と読みながら勝手に心配してましたが、最後の最後にきちんと登場し(仕事で遅れてた)、皆からも感謝の言葉貰ってて安心しました。

 

 〈変わらない絆✩〉

f:id:peterpank:20171101211637j:plain

 出典:乃木坂新聞

 

 

もう1つ興味深かかった企画は「ファッション誌はなぜ乃木坂を選ぶのか?」ですね。
これは新聞だからこそできた企画であり、雑誌では中々読めないと思うとかなり貴重なはず。
non-no・Ray・美人百花など各誌の担当者が乃木坂をモデルに選んだ理由を語っているのですが、「乃木坂がマーケットとしてどう捉えられているのか」も垣間見え、非常に興味深い内容でした。

中には「乃木坂だから選んだじゃない!〇〇さんの顔・スタイル・メンタル全てが当てはまったからオファーしました!」みたいな気合いの入った雑誌もあれば、
「乃木坂だからモデルに起用した感」が満載な雑誌もあり、
「〇〇さんのつかみきれないキャラクター性に強い魅力を感じしてました!」と担当者が一ファンだった可能性大な雑誌もあり、
それぞれ特色が出てたのも見どころの一つです。
ただどの雑誌からも言えることは、「乃木坂はファッション業界を活性化させる存在になる」と注目されていること。インフルエンサーとして雑誌界から期待されているのが伺え、今後もまだまだ乃木坂からモデルが誕生するのは間違いないと確信しました。
安泰じゃ!

 


個性が分かる46人名鑑

「乃木坂新聞」は上記の企画だけでは終わりません。付録として、東京ドームへの意気込みを1人ずつ漢字一文字で表したのが記載されている「46人名鑑」が付いてくるのです。
漢字一文字に46人それぞれの個性が表れているので、「この子はどんな一文字にするのか?」と予想しながら読むのがおススメの面白い読み方。短いコメント欄の中に、皆それぞれの想いを詰め込んでくれており、決意を見るとドームが更に待ち遠しくなりました。


46人全員分は流石に紹介できないので、中でも個性が出てて面白かった人たちを少し紹介します。これから買う予定の人はネタバレになるから要注意!


自分の名前を入れてくる組

生駒里奈さんは「生」、星野みなみさんは「星」、向井葉月さんは「向」、秋元真夏さんは「真」と自分の名前から一文字を取ってくる勢の方々がちらほら。
言わなくても分かるのに「名字の星から取りました!」と報告してくれるみなみちゃん可愛いくないですか?
ここで生田絵梨花さんも「生」と書いてくれれば「生生星」完成したのになあと思ったオタクはこちらです。


ふざけてる組

周りが「憧」「挑」など真剣な一文字を掲げるなら、あえて逆をいくのは齋藤飛鳥さん。齋藤飛鳥さんの「水」にはあまのじゃく節が全開に表れてます。
いやだって、東京ドームへの意気込みと言われて「水」って絶対ふざけてるよねww
「もしや"逃げ水"と掛けてる?そういうことかな飛鳥ちゃん?」と一瞬深読みしましたが、よく理由を読むと
「汗一杯かくだろうから水分補給は大事だと思って」と述べており、只々ふざけ倒してたことが判明。
ライブでお茶を飲む人だったら「茶」になってたし、万一スポドリだったら「ス」だったかもしれないくらいの適当さ!
でも、こうやってきちんとインパクト残してるので、まんまと飛鳥ちゃんに乗せられちゃったな!


そしてもう1人ふざけてる疑惑の人が。
それは19thシングルで飛鳥ちゃんとWセンターを務めた西野七瀬さんです。
Wセンター揃って一捻り入れてきた訳ですが、西野七瀬さんの場合は「脚」
理由: 東京ドームは広いので脚をいっぱい使うかなと思いました by七瀬

う〜〜ん微妙!ふざけてるような、全然ふざけてないような曖昧ラインを攻めてきた。
もしかしたら本人は至って真面目に書いたかもしれませんね。でも、「脚」を選ぶところに「どいやさん」という謎キャラを生み出したシュールさが見られて西野さんらしさを感じました。

それにしても「水」と「脚」の2文字を見るとどうしても「水泥棒」「脚長いことをつい自慢してしまう」でお馴染みの「新内眞衣さん」を連想してしまうのですが、たまたまWセンターの2人が選んだ文字がシンクロしててるの凄いキセキだな。

 

〈どこにでもで出てくる〉

 

そんな王道いく?

一周回って誰も選ばなくなるくらい王道な文字を選んできたのは、堀未央奈さん。
選んだ文字は「愛」
「東京ドームを愛で溢れた空間にしたい」という意気込みに「24時間テレビ感」をヒシヒシと感じました。
そんな「夢」並みに選ばないだろう、ありきたりなものをあえて選んでくるメンタルの強さは流石です。
「王道過ぎだろうが、なんかダサさを感じようが私の勝手じゃい」とMywayを貫く姿勢が伺えました。
でも、「愛」はじわじわ面白かったんでその感性嫌いじゃないです。


「王道」を行く人がいれば、「未開の地」を行く人も。
北野日奈子さんはなんとこの世にはない新たな文字を生み出してきました。
「四十六」を縦に繋げて一文字にまとめた新語に込められた意味は
「四十六人でのライブはこれが最後になるかもしれないから、最高のライブにしたい!」

ファンや自分自身に対する想いを語るメンバーも多い中、メンバーのことのみ触れたきいちゃん。中にはそういう人がいても良いと思います。
「四十六人」にこだわっているきいちゃんはメンバーを大切にしていて、凄く仲間想いなんだなって思ったよ。

 

そして最後、一文字見た瞬間、胸が撃たれたのは伊藤万理華さんの「燃」
本人コメントの「完全燃焼」「燃え尽きる」の二言に全ての想いが込められていますね。まりっかの生き様をこの目で見るのは今回が最後。完全燃焼のダンスを目に焼き付けるぞおおお!

 

 

推しの最後のライブになる人
初めての乃木坂ライブになる人
オタク界のベテランの人
様々な人が東京ドーム公演に集まると思いますが、どんな人にとっても共通してるのは乃木坂初の東京ドーム公演ということ!
そんな1度きりしかない超貴重な東京ドーム公演なら楽しむだけ楽しみたいですよね。
メンバーのライブに懸ける決意を知れば、ワクワク度満点になれるので、買って損は無いはず。回し者ではありませんが、ほんとおススメです。

 

〈この写真だけで高まるうう〜!〉

f:id:peterpank:20171101150516j:image
出典:乃木坂新聞

 

東京ドーム公演が待ちきれない!

 

 

 

P.S「自分が乃木坂だったらどの一文字にしようかな」といらない妄想をしてみた結果、「続」が思い浮かんだのですが、伊藤かりんさんと同じでした!もしかしたらかりんちゃん推しなのかもしれない(完)

乃木坂最強のバカップル さゆまいという沼に踏み入れてしまった件

そこは踏み入れてはいけない沼!

 

久々に乃木坂の動画を見ながらニヤける口元が抑えられませんでした。かわいい子たちが「ほっぺにチュー」をしているという眼福。「全世界に向けて放送している堂々さ」と裏腹に「若干恥ずかしさが残っている」という絶妙なアンバランスさ。
メンバー同士の「ほっぺにチュー」は際立って珍しいことではありません。しかし、なぜか今回の動画は群を抜いて私の心臓(萌えが司るところ)を撃ち抜いてきました。


事の始まりは、先日行われたTCG九州にあります。乃木坂から白石麻衣・松村沙友理・衛藤美彩・堀未央奈がモデルとしてこのイベントに参加していました。乃木坂が度々参加している恒例の女子力おばけイベントです。
そこで衛藤さんと松村がMCを務め、「TGC北九州2017」のステージ裏の様子などを届ける特番が、ネットで生放送していたんですね。

その放送の中で「キス顔」を披露するというアイドルあるあるな流れに。そこで事件は起きました。

衛「皆さんが見たいであろう、ちょっとチュッていう顔をね♡」
白「あー、あたしチューNG。」
衛「えーNG〜(笑)」
白「(松村を指して)一緒になら!」
衛「じゃあ、じゃあ、どっちかがどっちかのほっぺにチューっていうのはどうですか?」
白「それはもう得意だよね!」
松「得意〜!」
白「いつもライブでやってるので私たち」

 

〈いつものご様子〉 f:id:peterpank:20171029184732j:image

出典:乃木坂46公式Twitter

 

衛「いつもどっち(どっちからする)が多い?」
松「どっちやろ」
白「いつもは松にしてって言ってる(照)」
衛「っつ。やだぁ〜(照)」
み「うんうん。」

ここの衛藤さんの言い方が「もう〜やだあ〜」感が出つつもなぜか嬉しそうに見えて好き。
隣でみおなが何事もないように「うんうん」と言ってるのも面白い。

「うんうん」の一言で片付けるのはないよね!興味ないよね!

松「そう!求めるの〜♡まいちゃん
衛「じゃあ、逆。そうね、それでも(いつものでも)いいし」
松「どっちがいい?」
白「して〜(手で煽りながら)」
(照れながら)して下さい
白「私が待ってる」

太字にしてごめんなさい!キモオタでごめんなさい!!ここだけ抜き出すと「乃木坂らしさ」からかけ離れていきそう。正体の見えない乃木坂らしさだけど、こっちの方向じゃないのは分かる。


衛・堀「じゃあ、さゆまいのキスまで3・2・1♡」

すると「1の瞬間」急に松村さんの方に顔を向ける白石さん。
向き合うような形になる2人。
目を見開いて驚く松村さんとニヤリと笑う白石さん。

衛「え〜ちょっと〜!えへへへ」
堀「あ〜危ない〜!えへへへ」


もおおおおお〜!絶対わざと振り向いてるよこの人!そんなファンサービスいりませんから!これ以上やられたら心臓(萌えが司るところ)が止まる!
そして「ごめん」と片手で謝りのポーズを作り、何事もなかったかのようにしてるその姿もかっこよすぎる。


そして、目を閉じてる白石さんのほっぺに松村さんからキッス♡

衛・堀「フゥうううううう〜!」
白「すいませ〜ん♡」
松「何いまの。今の一瞬何」
白「さゆりはいただきましたよ♡
松「色々危なかったわ、本当

 

 


これは私の妄想が作り出した出来事では…?現実を脳内で都合良く書き換えたのでは…?
こんなオタク都合が良すぎるワードと行動を次々と与えてくるなんて、こんな展開予想できたでしょうか。
我々は今回の映像のおかげで、いつも白石さんから「して♡」と頼んでおり、「白石さんが松村さんを求めている」という事実を知ることができました。これが妄想ではないなら、なんなのでしょうか…。

さすが生ちゃんに「そのような関係」とお茶を濁す感じで言われるだけあるな。そしてこちらが色々想像しちゃうような「そのような関係」って言い方面白いな。
さゆまいが私の想像を遥かに超えるバカップルだった為、なるべく「さゆまい」を気にしないよう努力していたのに、今回のアレで完全にノックアウトされてしまいました。完敗。

 


「TCG九州事変」の前から乃木坂ファンなら誰もが知っているように、さゆまいが「仲良しペア」なことは知っていました。
しかし、私には桜井×若月の「れかつき」やら生駒×みなみの「いこみな」やら既に好きなペアがあるのです。
カプ厨 になりたくない私はあえて「さゆまい」から距離を取り、沼に落ちないよう2人の行動を見て見ぬふりしていたのですが、こんな拾わざるえないエサを投下してきて、あっさり崩されてしまいました。オタクってチョロいですね。

もうさゆまい沼に片足を突っ込んでしまい、立派にそのような側になってしまった我が使命として、ひよっこなりにさゆまいの魅力を少し紹介させていただきましょう。

 

〈2人とも綺麗すぎません…?〉

f:id:peterpank:20171029184804j:image

 出典:東京ガールズコレクションTwitter

 

 

まず、さゆまいの素晴らしさの1つに「仲良くなったきっかけ」がドラマチックすぎるところを上げさせていただきます。

乃木坂のオーディション4時審査の帰り、乃木坂駅のホームで電車を待っていた松村さんは、その可愛さから男性に絡まれており困っておりました。そんな松村さんを見ていた白石さんは、松村さんを助けるためとっさに男性を追い払い助けたのです。以降、2人は合格後し乃木坂に加入してからも行動を共にするようになりました。めでたしめでたし。

いやいや、こんなことが日常で起こります?
完全に「恋はじまっちゃう」よね。
広末さん風に言い換えると「MAGIで恋する5秒前」ですよね。
こんな電車男と全く同じ展開なほど、くそドラマチックな出会い方ってもう運命としか言いようがありません。

 

〈2人に乾杯!〉

f:id:peterpank:20171029200802j:image

出典:http://nogizaka46.thailandtravel.or.jp/

 

そして、もしこれが私だったら男性に駅で絡まれたことない為、一生白石さんと仲良くなれないと思うと人間って不平等だな~としみじみと思わされました。優しく傷つきました!

 

 

 

次に上げさせていただきたい「さゆまいの魅力」は、2人の強い絆と熱い信頼関係です。

「さゆまい」は初期の頃から仲良しで「まいやんがかわいいよ」「さゆりんの方がかわいいよ」とお約束のバカップル芸をやったり、仲良くキャッキャウフフしてるように見えますが、「ただの仲良し」だけではありません。辛い時も楽しい時も一緒に乗り越えてきた、強い絆と熱い信頼関係がある2人なのであります。

 
親にもメンバーにもあまり弱音を吐くことができない白石さんが、唯一弱音を吐ける相手はそう「松村さん
白石さんが「この人が仕事現場にいると気分が落ち着く」「いないと早く来ないかな〜」とまで思う人はそう「松村さん
白石さんにとって「唯一の理解者」であり「大好きで大切な人」はそう「松村さん」なのです。


親にも周りにも言えないことを唯一話せる、自分にとって唯一の理解者と言える存在って、本当に大きくて大切な存在ですよね。
そんな存在が居ない人だって世の中にはたくさんいるのに、唯一の理解者を「乃木坂46」の中で見つけることができた白石さんは幸せだなあ。とこの話を聞いた時素直に思いました。
白石さんにとって松村さんを超える人は今後現れるんでしょうか。
マイチャンとサユリチャンの絆が思ったより強くておじさん驚いたなぁσ(^_^;)

 

こちらのエピソードはオタクの妄想でも何でもなく、全て本人談であり、電車男エピソード含め15thシングル「裸足でsummer」の特典映像として「ライブ参加者だけが観られた"真夏の全国ツアー2015」の中に収録されています。この映像は白石さんが松村さんへ当てた手紙のような内容となっており、白石さんの本音が垣間見えるので、さゆまいを語る上では欠かせない映像です。まじおすすめよ!

 

 

 


最後に「さゆまいの魅力」として「松村さんから白石さんへの全力の愛」を上げさせていただきます。

常に「まいやんかわいい」を連呼している松村さんですが、中でもこれは!と思ったエピソードが「白石さんの等身大フィギュアを本気で欲しがっていた」ということ。

 

〈nogiroomにて〉
白石さんが好きすぎるあまり「まいやんのフィギュアが欲しい」と言い出す松村さん。すかさず橋本さんが「ずっと言ってるのこれ」と言ったのから察するに、テレビ向けの発言というより、本当に欲しがってる様子が伺えました。
「でも、発売はしないの。自分だけ(自分だけの物にする)」の発言には、
「それが怖いよ」「危ない!まいやん気をつけてね」とメンバーからも恐れられるほどの「全力すぎる愛」を注いでくる松村さん。

 

この「白石さんの等身大フィギュア」は永遠に叶いそうにないヤバイ夢ですが、なんとその後すぐにテレビのチカラにより実現されます。nogibingo7!で「乃木坂をドールにしてドールハウスで遊ぶ」という変態企画が放送されたのです。(凄い企画だな)

 

そこでフランス人形のように着飾られた「マイーヌ」にここぞとばかりに自分のやりたかったことをやらせる松村さん。
マイーヌに「誰よりもさゆりちゃんが世界で一番好き♡」と言わせ、思わず全力の笑顔になってしまう姿に
生駒ちゃんからも「ヤバイこの人」の一言。
夢のお人形遊びが終わった後は「本当に嬉しい♡私もう今死んでもいい」と最高に楽しんでいた様子が画面を通じても伝わってきました。

 

 〈ドキドキしすぎた松村さん、本物(やばい人の)〉f:id:peterpank:20171029184937j:image

出典:NOGIBINGO!7#6

 

 


また3rdアルバムのリリース記念でさゆまいの2人で行った「showroom」では、
2人のユニット曲「流星ディスコティック」の話に。
白「凄い好きだよね、松」
松「めっっっちゃ好きっ!(野太い声で)」
白「私も好き♡」
松「まいやんの好きよりも多分100倍くらい好き」
白「やばいね〜(笑)」
松「でもこの曲よりまいやんの方が好き♡」
白「あ〜どうしますか〜皆さん。言われてますよ〜(すっごい笑顔)」
松「皆がまいやんを好きよりも1億倍くらいまいやんが好き!」
白「私もさゆちゃんのこと好きだからね〜え(照れ)」

 

 〈ひとしきり褒め合った後、全力で照れてる2人がズルイ。なんだよ自分たちでやっといてそんなの反則!〉f:id:peterpank:20171029184952p:image

出典:乃木坂46 3rdアルバムリリースを皆でお祝いしようスペシャル!

 

 

 
さゆまいは「2人のイチャイチャぶり」を一種ネタとしてやっているじゃないですか。nogiroomで松村さんが白石さんに宛てた手紙にも「すぐ照れちゃっておどけた話しかできないけど」とあったように、ガチ感が出ないように、きちんと笑いとして落としているけど、よく見てみると「まあまあグレーなゾーン」なことやってるなあと改めて思いました。

 松村さんの「あの辛い時期」も決して見捨てず、側にいた白石さん。

楽しい時だけが仲間じゃない。涙の時も共に乗り越え、支えあってきた2人の友情は本当に強いんだろうなあ。

 ネタにすることで「公開キス」も「大好き合戦」もできるなら、これからもどんどんやっていただきたいものです。
動向にキラリと目を光らせつつ静かに見守らせていただきます。

 

 

 

 

〈オタクの妄想が過ぎたせいか、この写真バージンロードを手を繋いで歩いてるように見えてきてしまいました。↓〉

f:id:peterpank:20171029182205j:image

出典:https://mdpr.jp/news/1722743

 

〈これとか完全に2人だけの空間!もう何も言うことはない!〉

f:id:peterpank:20171029182221j:image

 


おめでとう!末永くお幸せに!

 

乃木坂46 東京ドーム公演 チケットを取っておいてなんだが古参が優先されるべきだと思った件

いよいよ真夏の全国ツアー最終地、東京ドーム公演が残り3週間を切りましたね。
東京ドームでライブを行う。初期の頃から生駒ちゃんを筆頭としてメンバーが目指してきた東京ドーム。


神宮2日目に東京ドームコンサートがサプライズ発表された時には、
「東京ドームってすっごい広いんだよ。そこにみんなでやっと立てるんだね。このメンバーであの場所に行けるんだと思うと…(間をためて)…来るものがあるね。やっと来たね」と涙ながらに話す生駒ちゃん。
「怖いとか言ってられない」と戸惑いながらも前向きな頼もしいキャプテン。涙で目が潤んでるまいやん。

 

www.daily.co.jp

 

多くのアーティストにとって憧れの地であるように、乃木坂にとっても「東京ドーム」は特別な場所であるということが伝わってきました。


グループ6年目の集大成、東京ドーム公演からまた新しい乃木坂が始まると言っても過言ではないくらい
この東京ドーム公演は特別だ〜♪
乃木坂にとって意味がある〜♪
今までとは比べられないほど〜♪
大切な時間〜♪
(ひと夏の長さより…をBGMに)


そんな大切な節目ですから、東京ドーム公演をビジネスに繋げる手を各社逃しません!こっちもこっちで盛り上がっていた!

 

〈付録がいまいちな点は否めない…〉

 

 


〈玲香ちゃんのインタビューあるの気になるよね〉

 


そんなメンバーにとっても、ファンにとっても、(関係各社的にも)、大切な東京ドーム公演。その貴重なチケットをファン歴1年未満の新規が取ってしまい、若干の罪悪感を感じています。
チケットというのは運勝負ですからこればかりは仕方がない問題ですが、2016年12月から乃木坂ファンになった、ファン歴1年未満の野郎が(女だけど)チケットを取ったことで、古参ファンの方々から6年間の思い出が詰まった特別なライブに参加する権利を結果として奪ってしまったんですよね〜。

 

古参ファンだから偉い!とか、新規がモノを語るな!という意見は好きじゃありません。(そもそも自分が新規だし)

 

好きという気持ちに上も下もない。

 

しかし、古参ファンが「人気のなかった時代」を、「アイドルオタクじゃなかったら惹かれないような芋期」も応援してきたからこそ、今の「キラキラ!女子が憧れるアイドルNo.1!モデルで清楚でかわいい乃木坂46!」がいるのは事実です。
私が好きな乃木坂は「初期の芋くさい乃木坂」ではなく、今の「圧倒的美人でハイパーかわいい乃木坂」です。

しかし、それを享受できているのはひとえに古参ファンの皆さまが、「他に幾らでも使い道のあるお金」を握手会やグッズに注ぎ込み、「友人や恋人と過ごすうぇいうぇいリア充生活」よりアイドルの応援、という圧倒的にイケてない時間を過ごし、その他モロモロを犠牲にし、雨の日も風の日も健気に応援し続けたおかげです。


そうよ 女の子なら

いつだって 死角になる場所くらい
こんな時のために 確保してる 男子禁制 

という中々ヤバめな歌詞(これもこれで好きだけど)の時代から応援してきた人がいるからこそ、

いつかできる(できるのなら)
そのうちに(今日できるよ) 
ここで逃げ出さないで
前を向いて大地立つんだ

という万人受けするような曲を歌う現在があるのでしょう。

 

 

 


それなのに、昔から見守ってきた我が子(推し)の大事な晴れ舞台を見れないなんて、オタからすれば子どもの運動会に参加できない親のようなもの。それは悲惨だ…

「席に限りがあるので、今回の運動会は一部の方のみの観覧となります」
「また来年の運動会を楽しみにして下さい。来年もあるんで」は通用しない!
今年の運動会は今年しか見れないように、今年のドームコンも今年しか見れないよ!


「そんなこと言い出したらキリがない」
「どんなアーティストでも起こる問題」
「一部だけ特別扱いなんてしたら他から不満が出る」
「他のこと、なんかもっとスポーツでもしてろ!オタクが!」
と言われればその通りですが、アイドル(特にAKB系列)は物語を売りにしているという点で、他のアーティストたちとは少し事情が異なります。バンドやアーティストなど「曲や歌の上手さ」で勝負している人たちとそもそもフィールドが違うんです。


「学校の廃校を救うべくアイドルを目指す」というスタートから始まる、人気アニメ「ラブライブ!」のコンセプトは「みんなで叶える物語」なんですが、その本編で主人公がこんなセリフを言うんです。

一生懸命頑張って! それをみんなが応援してくれて! 一緒に成長していける。それが全てなんだよ! みんなが同じ気持ちで頑張って、前へ進んで、少しづつ夢を叶えていく。それがスクールアイドル。それがμ's(グループ名)なんだよ!

 

1000ピース ジグソーパズル ラブライブ!  みんなで叶える物語(50x75cm)

1000ピース ジグソーパズル ラブライブ! みんなで叶える物語(50x75cm)

 

 

私はこの言葉に「現代におけるアイドルの在り方」の答えが集約されてるような気がします。

歌や踊りの上手さなら乃木坂より優れたグループがいる幾らでもいる中で、あえてファンは乃木坂を応援している。
それは、毎シングルごとに繰り広げられている「選抜劇場」や「プリンシパル」「バースデーライブ」など、次から次へと与えられる試練を一歩ずつ乗り越え、少しずつ着実に成長していくメンバーの一生懸命な姿に魅了されているからなんですよね。
私たちファンはいつのまにか一体となって「乃木坂46という無限大の可能性を秘めた1つの物語」がどんどん大きくなっていくのを応援しているんです。
(いや、単純にルックスがいいから!という意見。それも採用!)

 

メンバーが今まで目指してきた憧れの地に、ようやくたどり着くという歴史的瞬間に、大事な1ページに立ち合うことで、自分も乃木坂46物語の重要な1ページの一員となるのです。だから、東京ドーム公演に行くことがファンの中で大きな意味を持っていると思います。

だからこそですよ!
松村さんのごちゃっとしたあの問題さえ、乃木坂を織り成すストーリーとして昇華してしまうほど(映画 悲しみの忘れ方)ドキュメンタリー大好き陣営が、物語を何より大切にしてきて今まで懸命に支えてきたKOSANを蔑ろにするのは如何なものだと思んです。


「乃木坂46にとって特別な舞台となる東京ドーム公演は今までの感謝を込めて、長年のファンの皆様(ファンクラブ歴○年〜)への優先エリアを設置いたします。」
超少数派意見でしょうが、私は古くからのファンへこれくらいの少しの配慮があってもいいんじゃないかなと素直に思ってしまいます。
それが難しいなら、最低限せめて全国の映画館でライブビューイングをやるべきです。
会場には入れなくても、映画館でMCの内容は把握できますし、ライブの雰囲気も充分味わえる。全く分からないよりは、全然マシなはず!

つーか、今ノリに乗りすぎてる乃木坂ですよ?
絶対採算取れるよね?
ビジネス的にもやった方がいいよね?
ファンも喜ぶよね?
乃木坂46最高!って気持ちになるよね?
これからも応援していこうと思うよね?
これが俗にいうwin-winだよね?

変なプレミア価値とかつけなくていいから!これで需要と供給のバランス取れます!
ハッピーーー!みんな幸せ!

 

 

 

 

 

 

多くの方の血と汗と涙の結晶の上に成り立つ東京ドームライブを全力で楽しみ、メンバーに良いライブだったと思ってもらうのが、新規ファンの私が今できる最大限のことだと思うので、日頃のストレスを晴らすかのごとくライブ当日は全力ではしゃいできます!

1人参加ってことすっかり忘れてた!寂しさagain!弟に乃木坂普及しよう(完)