乃木坂の好きなPVを考えてみたら百合的傾向が好みだった件

こんにちは!
ぺーたーです。

ていうプチ情報。

さて、今回は私の心がときめいた、個人的に好きなPVを紹介します。乃木坂のPVはストーリー仕立てになってるものが多いですよね。
気づいたら片想い、何度目の青空か、サヨナラの意味などなど。

対してダンス中心の構成で組まれてるのは裸足でSummer、インフルエンサーなどなど。

どちらもそれぞれの良さがあって好きだけど、個人的にはストーリー系の方が好みです。
乃木坂ストーリー系PVは見てるものの想像らませ後日談をつい考えたくなっちゃうんで、妄想力豊かなオタクにはどんぴしゃな路線ですよね〜〜(立ち直り中は特にその後が気になる)
プリンシパルや個人PV、舞台出演など乃木坂はアイドルながら演じる機会が多いのでみんな演技力が高いのも魅力の1つ。


その数ある良PVの中でも特に私がオススメしたいのが「無口なライオン」です。

乃木坂PVソムリエ的には切なさ星5つ⭐️ 

ときめき星5つ⭐️の評価。


まあ一言でいうと西野、若月、桜井の

3角関係を描いたPVなんです。
意見の相違は認めません!!


別に私が百合好きとかそういう訳じゃないですよ。逆にアイドルに百合やらせるのっていかにも過ぎて全然受け入れられない派でした。だってV6のようなもういい歳したおじさんグループでさえ仲良しアピールすると売れゆきが上がる時代、とりあえず仲良くいちゃいちゃしてればオタクはブヒブヒいうだろって思われてると思うと簡単にその手には乗っかりたくない。
嵐の人気は俺たち仲良いアピールで支えられていると勝手に思ってます。一番搾りのCMの仲良いんです感は正直お腹いっぱいでもういい派…

ズレましたけど、だからアイドルが男女問わずメンバー間でいちゃいちゃしてるのを見ると、あーはいはい、ビジネス仲良しやなって思ってしまう捻くれものなんですが、、、

乃木坂ならそのいちゃいちゃ、アリ寄りのアリでした!!

色々言っといてさーせん!

 


だって乃木坂ってこういう友情、愛情、曖昧ライン、友達以上恋人未満な雰囲気似合うんですよ!!なんかわざとらしくないっていうか、上手く言葉にできないけど嘘くささが少ないっていうか…
まあとりあえず言えるのは、かわいい子同士が仲良くしてるとか眼福でしかない。ってことでしょうね。これだけは絶対揺るがない事実だ。

それにしても若の1番の友人ポジションを玲香にするあたり最初から狙いにきてますよね。100%焦点を合わせにきてる。分かってる、こういうの好きだろ?って手のひらで転がされてると分かっていながら全力で言いたい。
大好きー♪───O(≧∇≦)O────♪
監督まじGJ!!!


ちなみにPVのショートverはyoutubeで公開されてますが、続きの映像が見たい人MV Collectionでチェックするしかないようです。乃木坂ってストーリー系多いから続きが気になるようにできてるんですよね〜
ということでフルverを見てない方の為にも内容をざっくり紹介しておきます。


〜あらすじ〜
七瀬と若月は幼馴染同士で今は一緒の高校に通ってるけど、この夏七瀬は親の都合で転校することが決まってる。
クラスの子と楽しそうに話す若と違って、七瀬は1人机に向かって英単語の勉強をしてるような子。

玲「10年か20年経ったら今のこの瞬間なんて絶対覚えてないよねっ」
若「そうだね〜よっぽど大きい出来事じゃないと忘れちゃうよね」

f:id:peterpank:20170413135724j:plain

という感じでみんなで色々なおしゃべりに花を咲かせている中、「七瀬は夏休みなんかする?」と1人机に向かってる七瀬に若が話しかけます。(なんかする?の言い方めっちゃ優しいの。好き)

しかし、何も言わず黙り込む七瀬。

2人の間に少しの沈黙が流れる中、突然の…

 

 

 

 

 

f:id:peterpank:20170413135448j:plain

玲「ねえ、佑美って西野さんと仲よかったっけ?」

(ファイ!女の戦いの火蓋は切って落とされた)

このセリフよくよく考えるとこわい!!こわすぎませんか?だってただ「七瀬は夏休みなんかする?」って話しかけただけなのに、え〜ゆみって西野さんと仲良かったっけ?私聞いてないんですけど〜っていう態度でくるなんて狂気を感じる。あれかな、七瀬呼びが気に食わなかったのかな。西野さんなら満足だったんでしょうか。この子嫉妬心がめちゃめちゃ強ええ。西野さんなんていう地味で目立たない雑魚キャラにもMAXでかかってくるんですね。何事にも全力を尽くすその精神、他で発揮しよう!

でも実際友達にヤキモチ焼く女の子ってわりといますよね。実体験でいくと私の友達もこっち寄りだったんで、当時のめんどくささを思い出しました☆


 

英単語をパラパラめくる七瀬の手はある単語で止まります。

f:id:peterpank:20170415221206j:plain

果たしてこの言葉の意味は…

 

 

 場面は変わり、七瀬は下校の際家に帰らず1人裏道へ入ってきます。

転校への反抗心から家出をしており、子どもの頃若と遊んだ海辺の秘密基地に行こうとしてるいるよう。

そんな七瀬の姿に気づき若も秘密基地に行き、2人の思い出の場所を建て直します。
思い出の場所を修復することで、すれ違ってしまった2人の時間も修復しようとしてるのかな…

f:id:peterpank:20170415221328j:plain




2人は子どもの頃に戻ったように基地の中でお喋りし笑い合っていますが、何気ない瞬間転校届を若に見られてしまいます。
しかし、何でもないとごまかす七瀬。
でも、一瞬でも若にはきちんと見えてたんですね。七瀬が転校することを知った若はクラスのみんなにメールを送ります。

f:id:peterpank:20170413143418j:plain

ゆみ ☆\(^o^)/✩



若の誘いに乗ったみんなは海辺へ集まり、
花火をしたり、たき火でマシュマロ食べたり、お昼寝したりとわいやい夏の思い出をつくっていきます。

夏なんだ楽し〜も〜う♪
f:id:peterpank:20170415222727j:image
ま、眩しい。ここのシーンはほんと超絶青春キラキラシーンなので、ちょっともう社会で廃れた今の私には眩しく映りました。戻れるならいつだってあの頃に戻りたいよ…って思うけど、よく考えたら私の青春そんなにキラキラしてなかったわ。戻っても乃木坂ちゃんと一緒に花火できるわけでは無かったわ。なんか思い出補正がかかってたようです。それでも社会人よりは学生の方が楽しいんですけどね!
今学生の方は青春時代思いっ切り楽しんで下さいね。(やりたいことやったもん勝ち青春だもん)
それにしてもこの桜井さんの笑顔超絶かわいいな。隣のみなみちゃんもかわええ。



そんな絵に描いたような青春を楽しんでる中、
家出した七瀬を連れ戻すためパパ参上。
七瀬が本気で家出してることを知らない周りは突然の登場に戸惑い立ち尽くすばかりです。
(真夏にジャケット着てネクタイ締めてるってクールビズ化が進んでる中あんまり見ないんで違和感。仕事場じゃなくて海に来てる時点でジャケットは脱ぐだろうな〜と途中リアルを追求してしまいました。大人はこれだから嫌ですね)
 
画像もブレるパパの動きの素早さ

f:id:peterpank:20170415221603j:plain

パパに掴まれても怒鳴られても必死で抵抗する七瀬。両者一歩も譲らない争いの中ついにパパはビンタをくらわせるという荒技に出ます。
七瀬ーーー!



見かねた若様、七瀬を連れて逃亡。
f:id:peterpank:20170415222904j:image
かっこよぎか!やることかっこよぎか!
爽やかさ星5つ⭐️


ちなみに 走ってる最中走馬灯のようにみんなとの遊んだ思い出が流れるんですが、若が頭からバケツの水を浴びるというサービスショットが見られます。需要は知らん…



いよいよここからがこのPVのクライマックスへ突入。
誰もいない場所まで走ってきた2人は、疲れてその場へ倒れこむ。
f:id:peterpank:20170415222945j:image
パタリ


 

f:id:peterpank:20170415221710j:plain

目を閉じてじっとしている若に忍び寄る七瀬。ほうほう、この後どうなるのかとウホウホする展開だ。「罪」の伏線があったことからなにやら七瀬は若に対して持ってはいけない気持ちを持っているとわたくし推測しています。
ドキドキ。


そこへ誰かが追ってきたようだ。
足音に気づき振り向いた七瀬の視線の先にはー

 

 

 

玲香が!!

f:id:peterpank:20170415221734j:plain

パパから逃げられても玲香からは逃れられません。さすが玲香、そんな2人きりなんて認められないよね!しかも愛しの若の方から七瀬の手を引いて駆け落ちしてくなんてもうありえない。若も玲香の気持ちちょっとは考えてよね!まったく、うちの若様は乙女心が分かってないようです。
乙女心度星2つ⭐️だなこりゃ。
しかし、これで2人きりを食い止めることができた。
もう安心だ…



 

 

f:id:peterpank:20170415221813j:plain

いや、キッスすんのかい!!




この展開は正直胸熱、ムネリンや…。
ほっぺにチューみたいな生半可なものじゃないんで!マウスtoマウスなんで!アウトやで!
これは完全に友情ラインを超えてます。
いいの?ここまでしていいの?まさかまさかのキスさせるなんて…最っ高。
ありがとう監督と脚本家。ありがとう運営陣。
これを拝むだけでもMV Collection買う価値あるわ〜高っいけど

玲香がいると分かってて、いやあえているからこそ見せつけるように目の前でキスするの非常に良い演出ですよね。
七瀬の思いの強さが伝わってくるのとその後の玲香の反応が楽しめるという2度美味しい展開。玲香推しの私はありがたくいただきました。

(もちろん玲香はというと唖然としとる)

f:id:peterpank:20170415221844j:plain

ここの表情めっっちゃ好き、呆然感がよく出てて桜井玲香の演技力の高さが伺えます。nogibingoでも言われてましたが、演技上手いですね。あと単純にかわいい。もうすっごいかわいい。




キスした後何事もなかったかのように、じゃあまた2学期でねと微笑み七瀬はその場を去って行き、残された若は七瀬の転校届けの紙を手に握りしめながら「嘘つき」と呟くのですが、
このシーンまじで切ないっ!!2人とも2学期では会えないって知ってるのにあえて触れない、触れたらお互い泣いてしまうから。どうしようもないって分かってるからこそのやるせない切なさを感じます。
若の前ではなんでもないように振舞ってるけど、最後泣いてるんですよ。
七瀬にとって若との別れはそれほど辛いんだな…

f:id:peterpank:20170415221928j:plain

 

 -------------------------------------------------


本編はこれにて終了ですが、サヨナラで終わるなんて悲しすぎる!ハッピーエンドが良かった!感情輸入しすぎて私のこの切なさい気持ちは収まりません。七瀬はこの気持ちを忘れられるのかな〜。次の学校で上手くやっていけるのかな〜。若サイドからはどう七瀬を見ていたのかも気になる。若にとっての七瀬はただの幼なじみだったのか…
と毎度のごとくストーリーの続きが気になってしまうんですが、今回は想像力をフル活用しなくていいんです!

なんとこの話しには続編が用意されていた!(好評だったんでしょうね、やっぱり皆この手好きやな)

無口なライオンのその後として「天体望遠鏡」
こちらは七瀬サイドのみで話しが進みます。
そして無口なライオン、天体望遠鏡の完結編が七瀬・若月両サイドを描いた「インスタントカメラ」高校卒業間近の2人が出てきます。

インスタントカメラはその後が気になる終わり方で完結してるんで正直あともう1回続きが欲しかった。まあそこは得意の妄想力を活かして自己補完するしかないんでしょうね。


2人がキスしたという事実に夢中になりすぎて、肝心のなぜ七瀬は若にキスしたのかという真意には触れませんでしたが、一応理由は本編で描かれています!
気になる人は是非本編をチェックしてみて下さい。


 



※次キスシーンやるなら、若と玲香のペアでおねしゃす!